在籍確認が審査時には行われる

まだまだ現金が社会から無くなることはありませんが、もしかしたら現金流通が無くなる可能性はゼロではありません。
現在でもクレジットカードやデビットカードがあればほとんどの支払いをすることが出来るのです。 もし貴方の勤務先への在籍確認がとれなかった場合には、残念ながらクレジットカードの審査は通りません。
日中に連絡をとれないような時には、本社など在籍確認の採れる連絡先を記入するようにしてください。

 

例えば自営業の人は、クレジットカードの審査時に在籍確認をしても、クレジットカード会社にとって意味の無い審査となってしまいます。
そのような場合には、実際に営業しているかどうかは別の審査項目が行われることとなります。 クレジットカード申し込みの在籍確認というのは申し込み審査をする際に給与所得者に対して実施されることとなる確認電話です。
本当に勤務先に在籍しているかどうかを、直接電話をかけることによって確かめることとなります。



在籍確認が審査時には行われるブログ:08月15日

皆さんは
肉体の部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

肉体の部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、尻だといわれています。

次に尻の近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩むウエストに脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後ももに脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらはぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらはぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
ウエストの贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ずウエスト周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういった肉体のメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?